鍋焼き味噌うどん

鍋焼き味噌うどん

冬のうどんメニューといえば鍋焼きうどんでしょう。鍋焼きうどんはしょうゆ味ですが、味噌味の鍋も美味しいものです。うどんの花里は鍋焼き味噌うどんをしていますが、最初は味噌煮込みうどんでした。味噌煮込みうどんは半生っぽいとか、芯があるとか言われ、もう鍋焼き味噌うどんにしました(笑)。

 

味噌煮込みうどんとは

味噌煮込みうどんは八丁味噌をベースにしたもので、鍋の中で生うどんを茹でます。ですから、生地に塩を加えずに水のみで麺を作ります。塩を入れると汁が塩辛くなります。うどんは中心部分は白く煮えていないように思えますが、これが味噌煮込みうどんです。名古屋の味噌文化で八丁味噌を使っています。鍋の蓋を取るとグツグツと煮えたぎっているのも美味しさの一つでしょう。寒い冬には最高の一品です。

 

鍋焼き味噌うどん

うどんの花里は鍋焼き味噌うどんというメニューで出しています。汁は、やはり、カクキューの八丁味噌で米味噌と合わせて作っています。生地は塩水で作り、釜で茹でてから鍋に入れています。うどんに芯のようなものはなく歯ごたえが違います。ここが味噌煮込みうどんとの違いです。鍋の蓋を取るとグツグツと煮えたぎっています。具は豚肉、シイタケ、海老天、卵と野菜を入れています。