ハゼ釣りの面白さ

ハゼ釣りの楽しさ

2018年の10月ごろからハゼ釣りを始めました。幼いときに釣ったのと、10年ぐらい前に釣ったきりで、なんとなく釣ってみようと思ったのです。このなんとなくが・・・危ないことも!後半部分で述べます。ツムギハゼというフグと同じ毒を持っているそうで!

 

ハゼは秋ごろなら釣れる

ハゼは汽水域の砂泥地に住み川と海の近くにいます。私は日本海の福井小浜で、今年は釣りました。エサは石ゴカイで針が隠れるぐらいで切り取ります。私は平日に行くので、誰もハゼ釣りをしている人がいていないようで、なんか釣れるかどうか心配でした。

浮き釣りで底近くを狙うか、チョイ投げで狙うかで、最初は浮き釣りでしたが、めんどくさくなってチョイ投げに変更しました。何回か繰り返している間に小さな当たりが、竿を持つ手に響きます。釣れました。

 

二時間ぐらい釣ると結構釣れました。‥と言っても15匹ぐらいかな(笑)。

 

ハゼを天ぷらに

綺麗に内臓を取り、頭をとるかどうか(笑)。まあ、今回はどちらも経験して食してみようと、頭をつけたままと取ったのと天ぷらにしました。

ピントもボケて写真写りが悪いですが(笑)、いや~美味しいのなんの。びっくり!これは旨い。こんなに美味しいとは思いませんでした。

 

ハゼが釣れるところを調べる

砂泥地でないか。近い所では久々子湖がハゼ釣りで有名です。でも、有名なところで釣るのも・・・な~んちゃって。決まったところは、太平洋側の三重を考えました。遠浅じゃん。潮干ができるそうじゃん。もちろん春でしょうが(笑)・・。滋賀県高島から約2時間半ぐらい運転して、車で行きました。釣り具屋さんで聞いて雲出川付近で釣れるらしい。早速出発。

迷いに迷って、どうも地形がわからないのと車の止めるところがないのと、ウロウロして、適当なところがあったので竿を出したけれど、一回あたりがあっただけ、後はなし・・。ほんまかいな、こんなところ釣れるのん。や~めたっと。場所を変えてみることにして、車で川の近くを探すけれど、どこも工事していて釣りにくい。

 

迷った挙句に河芸漁港へ

1時間ぐらいうろちょろしながら河芸漁港へ行きました。漁港に向かって右側に駐車場があったので、そこに車を止めて車の近くで釣りました。でも・・・。アタリもない。そうこうしていると近所の人らしいけれど、ハゼ釣りならあそこがいいと、左側のほうへ移動、あれっ、おまけに車でついて教えてくれた。親切やなぁ~。この辺の人は、すぐに声をかけてくださる。

釣っているとアタリが、やっと釣れた。結局、釣り果は8匹ぐらい。

 

鯖に誘惑されて

波止の先端付近へ行くと、ママカリとアジ、サバを釣っておられた釣り客。いつも来ているのか、見に来ている人と親しそうに会話を交わしている。鯖が釣れるならと、ハゼ釣りを止めて鯖釣りに変更(笑)。

サビキ仕掛けでしていると、約20cmぐらいの鯖が入れ食い状態になり、クーラー一杯になりました。ありゃ、本命はハゼ釣りなのに、鯖釣りになるなんて・・・。来年はハゼ釣りに頑張ろうと誓ったのでありまする。

 

毒のあるツムギハゼというのがいるらしい

私も30年間ぐらい海釣りしているけれども、毒のあるハゼがいるとは知らなんだ。奄美大島の方にいるらしいけれど、温暖化からか和歌山でいたらしい。おっと、これは危ないと調べるとフグと同じ毒を持っているハゼらしい。めちゃ、怖い話でありまする。良かった、早く知識を知って!

特徴は頭のほうが大きく目が出ているのと模様が三つ大きな丸い模様があるらしいです。それらしいハゼは食べないことです!本当、知らずにいると危険なこともあります。まさかハゼにテトロドトキシンを持っているツムギハゼがいるなんて、外国では食べて死んだ方もいるそうです。