ハゼ釣りの面白さ

ハゼ釣りの楽しさ

2018年の10月ごろからハゼ釣りを始めました。幼いときに釣ったのと、10年ぐらい前に釣ったきりで、なんとなく釣ってみようと思ったのです。このなんとなくが・・・危ないことも!後半部分で述べます。ツムギハゼというフグと同じ毒を持っているそうで!

 

ハゼは秋ごろなら釣れる

ハゼは汽水域の砂泥地に住み川と海の近くにいます。私は日本海の福井小浜で、今年は釣りました。エサは石ゴカイで針が隠れるぐらいで切り取ります。私は平日に行くので、誰もハゼ釣りをしている人がいていないようで、なんか釣れるかどうか心配でした。

浮き釣りで底近くを狙うか、チョイ投げで狙うかで、最初は浮き釣りでしたが、めんどくさくなってチョイ投げに変更しました。何回か繰り返している間に小さな当たりが、竿を持つ手に響きます。釣れました。

 

二時間ぐらい釣ると結構釣れました。‥と言っても15匹ぐらいかな(笑)。

 

ハゼを天ぷらに

綺麗に内臓を取り、頭をとるかどうか(笑)。まあ、今回はどちらも経験して食してみようと、頭をつけたままと取ったのと天ぷらにしました。

ピントもボケて写真写りが悪いですが(笑)、いや~美味しいのなんの。びっくり!これは旨い。こんなに美味しいとは思いませんでした。

 

ハゼが釣れるところを調べる

砂泥地でないか。近い所では久々子湖がハゼ釣りで有名です。でも、有名なところで釣るのも・・・な~んちゃって。決まったところは、太平洋側の三重を考えました。遠浅じゃん。潮干ができるそうじゃん。もちろん春でしょうが(笑)・・。滋賀県高島から約2時間半ぐらい運転して、車で行きました。釣り具屋さんで聞いて雲出川付近で釣れるらしい。早速出発。

迷いに迷って、どうも地形がわからないのと車の止めるところがないのと、ウロウロして、適当なところがあったので竿を出したけれど、一回あたりがあっただけ、後はなし・・。ほんまかいな、こんなところ釣れるのん。や~めたっと。場所を変えてみることにして、車で川の近くを探すけれど、どこも工事していて釣りにくい。

 

迷った挙句に河芸漁港へ

1時間ぐらいうろちょろしながら河芸漁港へ行きました。漁港に向かって右側に駐車場があったので、そこに車を止めて車の近くで釣りました。でも・・・。アタリもない。そうこうしていると近所の人らしいけれど、ハゼ釣りならあそこがいいと、左側のほうへ移動、あれっ、おまけに車でついて教えてくれた。親切やなぁ~。この辺の人は、すぐに声をかけてくださる。

釣っているとアタリが、やっと釣れた。結局、釣り果は8匹ぐらい。

 

鯖に誘惑されて

波止の先端付近へ行くと、ママカリとアジ、サバを釣っておられた釣り客。いつも来ているのか、見に来ている人と親しそうに会話を交わしている。鯖が釣れるならと、ハゼ釣りを止めて鯖釣りに変更(笑)。

サビキ仕掛けでしていると、約20cmぐらいの鯖が入れ食い状態になり、クーラー一杯になりました。ありゃ、本命はハゼ釣りなのに、鯖釣りになるなんて・・・。来年はハゼ釣りに頑張ろうと誓ったのでありまする。

 

毒のあるツムギハゼというのがいるらしい

私も30年間ぐらい海釣りしているけれども、毒のあるハゼがいるとは知らなんだ。奄美大島の方にいるらしいけれど、温暖化からか和歌山でいたらしい。おっと、これは危ないと調べるとフグと同じ毒を持っているハゼらしい。めちゃ、怖い話でありまする。良かった、早く知識を知って!

特徴は頭のほうが大きく目が出ているのと模様が三つ大きな丸い模様があるらしいです。それらしいハゼは食べないことです!本当、知らずにいると危険なこともあります。まさかハゼにテトロドトキシンを持っているツムギハゼがいるなんて、外国では食べて死んだ方もいるそうです。

釣りが趣味で車中泊を考える

車中泊をしてみようと思ったきっかけ

とにかく何でございます。車の運転も長時間すると休憩が必要で・・・。という風に免許所得なんぞの時に聞いたことがありますね。運転を約2時間ぐらいすれば休憩するのがいいようで、これも人それぞれでごんざりますね。まあ、車で休憩しょうと思えばシートを倒して楽にしますよね。シート倒してパンを食べる。出来ますかいな。ましてやコーヒーを飲むなんて大胆なことを。

車の中で寝ようと思うと、めちゃシートを倒して横になりますが、長時間寝るには不向きですな。

私、釣りが趣味で、ええ場所を取るには早く出なければと思うわけですね。着いたら、おっと、まだ薄暗い、ちょっと寝よ。なーんちゃって。シートを倒して仮眠するんです。

これは初期の現象でありまして、何回かしている間に、もっとフラットにならんかいと考え・・・、これが車中泊の始まり、ちゅうか登竜門です(笑)。

 

フラットにしたいというのが車中泊の登竜門

阪神淡路大震災、熊本地震のときに、車の中で寝る方がいいという人がいたそうで、長時間同じ姿勢だったり、動かなかったりで、エコノミー症候群という病気になったりするそうで。私、ええ子のみ、症候群になると勘違いしましたですね。うそですけど。

 

車の中でフラットになって寝るのがいい!

私にとって、車中泊に欠かせないのは、やはり、床がフラットになるという条件は外せません。どう思いますか。

車中泊するとなれば荷物も多くなります。寝る道具で寝袋が必要になります。ポット、食事するには鍋、ヤカン、箸、カセットコンロ・・。それに釣り道具もといえば、おいおいっ、家出かえっ!荷物が多くてもフラットで寝たい(笑)。これが必須条件ですだ。フワフワの温かい寝袋がほしい~。布団積んだれっ。やっぱり家出や(笑)。

 

釣りがきっかけで車中泊

とにかく能登半島の小木というところはアオリイカが、よく釣れたので、20年前は2週間に一回は通っていました。一泊して、車で寝ながら徹夜で釣ります。アオリイカは夜が釣れるので寝不足になります。

南紀白浜は5月過ぎから8月ごろにソーダガツオが波止で釣れます。道糸が細いと切られてしまいます。釣った後は、温泉があります。温泉入って、また、釣り。アジやイワシが待っています。もう車で寝やなしゃあない。

南紀勝浦もグレが波止で、でかいのが釣れます。5月の連休は勝浦でグレ釣りと温泉がコースです。勝浦はかけ流しの温泉がありますよ。

2018年、えらいところを知ってしまいました。三重県の津市でハゼ釣りをしていたら、鯖が釣れて、これまた入れ食い。高島から車で約2時間半ぐらいかな。来年は、津市も視野にいれて年カリ立てやな(笑)。そうそう、私は波止釣り専門です。船酔いするので波止が一番。疲れたら車の中で休憩できますがな。

・・・ということで車がなければ釣りは大変。荷物は多いし、仮眠もしないといけません。車で、ゆっくり寝たいという気持ちがわかっていただけましたでしょうか(笑)。