郡上踊り2019

郡上の徹夜踊りに参加

今年は台風がお盆めがけて日本へ接近しています。徹夜踊りの間で一番天候がいいのは13日だと思って、13日の朝3時ごろ高島を出発しました。どうしても踊り会場に近い駐車場を確保するために早めにつこうと考えています。

古今伝授の里やまと

道の駅古今伝授の里やまと

道路は混むことなくスムーズに流れ、朝6時過ぎに到着。道の駅でゆっくりしようと古今伝授の里やまとに車を止めると車中泊をされているような車がずらりと並んでいます。やかんでお茶を沸かし、8時半に野菜売り場が開くので行くと8時過ぎには、もう並んでいます。

道の駅古今伝授の里やまと

開いたらぞろぞろと入り、もう人盛り・・(笑)。トマトをたくさん買い、キュウリも買って、簡単に食べれるものを選択しました。トウモロコシが美味しそうだったけれど、生では、どうかな?茹でないとダメかなと考えて却下(笑)。温泉は10時からなので無理かな。店も9時からだったので、もう何回も入っているので今回はパス。道の駅明宝へ・・。

道の駅明宝

道の駅明宝

道の駅明宝で食べたいものが・・・。道の駅明宝に向かって左隅のトイレ近くの味付けかしわが売っている店があります。けいちゃんだったかな??大きな紙コップに鶏のから揚げがいっぱい入っています。去年は10時半ごろ開いたかな。いつも遅いずら・・。どの店より遅い!今年も遅い!10時半になっても開きません。ぶらぶらするにも限度!小学校の駐車場が取れないと、えらいこっちゃ。ダメ、11時回っても開かないなんて休みかな。あきらめて一路小学校の駐車場へ・・。まだいけそうでした。12時になっても数台OKのようでした。1000円払い、うちわを二本いただきました。えっ、このうちわ二本で1000円?ちゃうか、駐車場代かっ。なんとなく1時ごろがタイムリミットのようでした。中学校だと送迎バスで送り迎えになるので小学校がいいと、毎年思ってしまいます。昔はただだったのに・・・。

郡上踊り駐車場確保

何とか駐車場を確保。どこも日陰は・・・なし(笑)。ここから夜までどう時間を過ごすかが過酷。車の中では窓を開けても暑い。どうしても車のエンジンをかけてクーラーをつけてしまいます。健康のために街をぶらぶら歩こう。去年はセキセイインコを連れてきたので一緒に散歩したけれど、今年は2羽に増えたので鳥かご2つも入るバックがない(笑)。家でお留守番してもらうことになりました。

下駄屋をのぞき、クーラーのきいてる店をのぞき・・・時間を過ごすが、踊りまではまだまだありすぎ。どこも店はいっぱいで歩いてバローまで買い出しにいきました。何キロあるかな、駐車場から車を出すわけにはいかず、暑い中を歩くしかない。

吉田川沿いを歩き、川遊びや鮎釣りをしているのを見ながら進む、釣りと川遊びマッチするの(笑)。川でばたばたされたら魚が逃げるのでは?すべての人が時間稼ぎか(笑)?という間についた。お盆で満員のバローでした。夜の食事をゲットしなければ、弁当を買って、横を見るとから揚げが目に付く。明宝で食べれなかったので、その反動か買ってしまった。何が入っているかラベルは見るまい(笑)。

郡上踊り

20年ぐらい欠かさずに徹夜踊りには参加。その割には運動靴とTシャツというカッコウ。なりふり構わずに踊るのがいいんや。今年は力が入っていた。実は体重がめちゃ増えたので(笑)、おまけに悪玉コレステロールが基準値より大幅増えているため、運動しなければ!

あまりの暑さ、駐車場を利用するとうちわがもらえます。道を歩く人もうちわであおいでいましたが、なんと片手で持てる携帯の扇風機を持ってる人が・・。2019年はうちわから携帯用の扇風機か(笑)。

郡上踊り

5時間は踊らねばと思ってはいたものの4時間が関の山でした。とにかく春駒が速い。テンポ来るたんびにスピードアップしてるんでは(笑)。松坂が流れると、ほっと一息。これで終了(笑)。台風の影響もなく踊れました。翌日は足が痛い、怠い。

セキセイインコも無事でなにより、この夏の徹夜踊りも完了。あと何回行けるやら、毎年歳はいく(笑)。

西山公園のつつじとレッサーパンダ

2019年5月6日 福井県鯖江市の西山公園

5月3日から5日まで西山公園でつつじ祭りが開かれ、その後の6日に行ったのですが人でいっぱいでした。

 

西山公園のつつじ

車で行き、駐車場がいっぱいで止めれないぐらいです。何とか待って道の駅に止めることが出来ました。

西山公園のつつじ

午後からは雨の予報だったので昼から1時間ぐらいお邪魔いたしました。出店がいっぱいでつつじ祭りは昨日で終わりとなっていたのですが、まだまだ祭りの感じでした。

ツツジ

ツツジ

ピンク色したつつじ

白色のつつじ

色とりどりのつつじが咲きほころび、5万株のつつじだそうです。

ツツジ

 

西山公園の動物園にレッサーパンダ

西山動物園

何と入場料は無料。親子連れにとって、これ以上のものはないのでは(笑)。広々とした公園で動物園もあり、憩いの場として欠かせない場所です。

西山動物園入り口

レッサーパンダ

レッサーパンダ

レッサーパンダ

レッサーパンダ

高島市新旭のノウルシ

滋賀県高島市新旭の湖岸に咲くノウルシ

高島市の安曇川から今津方面へ湖岸を進み、新旭付近に黄緑色したノウルシの群生が見られます。

ノウルシとは

黄緑色したノウルシの茎を折ると白い液が出るそうです。漆に似ているところからノウルシと言われています。白い液を触るとかぶれるとか言われていますが、私は茎や葉を折ったことがないので知りません(笑)。有毒植物だそうです。

ノウルシの群生

写真は2019年4月23日撮影しました。

ノウルシ

ノウルシの花

ノウルシ

湖岸に咲くノウルシ

ノウルシの群生

新旭のノウルシ

海津大崎から奥びわ湖パークウェイの桜 2019年4月9日

海津大崎から奥びわ湖パークウェイの桜を見に行きました

滋賀県高島市の海津大崎。朝の6時半ごろ到着。時間が早かったので花見客は、ほとんどいませんでした。

海津大崎

天気は晴れ時々曇り、風が吹いていました。

桜

ほぼ満開でした。

竹生島と桜

竹生島が見え、桜とツーショット。

びわ湖と桜

風があるので湖面も波が・・・。

びわ湖パークウェイに着き、早すぎてゲートが締まっていました。朝8時から20時までが開いているようです。ぶらっと菅浦へ・・。

四足門。

 

 

四足門

菅浦の家々。上に桜並木が横一列に・・。そこが奥びわ湖パークウェイの道路になります。

菅浦

朝の8時を過ぎたので奥びわ湖パークウェイへ行きました。パークウェイを、少し登って菅浦を・・・。

奥びわ湖パークウェイから菅浦を

奥びわ湖パークウェイからの眺め

奥びわ湖パークウェイから琵琶湖を眺め、景色は抜群!

奥びわ湖パークウェイ

メタセコイヤ並木 滋賀県高島市

メタセコイヤ

杉、ヒノキのような針葉樹なのに葉が枯れて落ちる落葉樹とは、これ如何に。このメタセコイヤは、元大阪市立大学教授の三木茂博士が昭和16年に岐阜県土岐市の粘土層で発見されました。欧米の研究者がセコイアやヌマスギとしていた植物の化石を見つけたのとは違うと、未知のものであるとして後のという意味でメタを付け「メタセコイア」と名付けられました。

 

絶滅じゃなかったメタセコイヤ

約100万年前に絶滅したと考えられていましたが、三木茂博士の発表後の昭和20年、その植物が中国・四川省で実際に生きているのが見つかりました。化石だと思っていたのが生きていたのだからびっくりこん(笑)。

四川省を調査していた米国の古生物学者が種子を採集して「生きた化石」を保存するため、中国と気候が似ている日本で、三木博士が大阪市立大に設置した保存会に苗木100本が贈られました。日本各地の大学とかに植えられ全国に広まっていきました。「あけぼのすぎ」と名付けられ、戦後復興を願ったような木です。成長の早い木のようですね。

メタセコイヤ

大阪に導入木が

交野市の大阪市立大学理学部付属植物園に、100本のうちの1本「導入木」があり、大阪市立長居植物園や万博記念公園などでも見られるそうです。

 

戦後高度成長期を願ったあけぼのすぎ

三木茂博士が化石として発見し、それが生きていたというメタセコイヤ。そのメタセコイヤを育成しようと大阪で育て、全国各地に広がり、その間、新幹線、高速道路と交通網が発達し、ビルが建ちならび日本も発展してきました。和名であるあけぼのすぎとは、よく言ったものですね。

メタセコイア並木 12月

メタセコイヤが人を集める

メタセコイア並木

滋賀県のマキノピックランド付近の道には、延長2.4kmにわたってメタセコイアが約500本植えられ、立ち並ぶまっすぐな、大きな木が魅了します。昭和56年に学童農園「マキノ土に学ぶ里」整備事業の一環としてマキノ町果樹生産組合が植えたのが始まりだそうです。メタセコイアは、最大樹高が115mにもなるらしいです。平成6年、読売新聞社の「新・日本の街路樹百景」に選定され、メタセコイヤ並木を見たいという観光客が訪れるようになりました。

メタセコイア並木 落葉

と同時に、セコイヤチョコレートが高島限定のパッケージ、メタセコイヤチョコレート。

セコイヤチョコレート

これからのメタセコイヤ

化石と言われたメタセコイヤが現存し、中国から気候が似ている日本で育てようと植えられました。伸び方も早く、かなり成長し大きくなります。公園や大学などで見かけますが落葉するので、住宅地や市街地などでは大変だと思います。最大樹高115m?なんと恐ろしか木じゃ(笑)。なるべく伐採などしないように心がけてほしいものです。メタセコイヤに罪はなく、私たちに命や自然を楽しませてくれています。

メタセコイア並木 滋賀

メタセコイヤ並木