喋らないセキセイインコ

うどんぐらい喋ったらどないや

セキセイインコを飼いまして、毎日、いらっしゃいませって覚えさそうとしているのですが一言もしゃべらないんですよ。字数が多いからかなと思いまして、うどんにしてもしゃべらないんですよ。

セキセイインコも個性があるようで、しゃべらないインコは喋らないそうですね。これ当たり前ですやん。また、オスが、よくしゃべるそうですね。メスは、あまりしゃべらないとか?

・・・ということはメスのようですね。雛から飼っているので手乗りになって、案外なついています。部屋を出るとついてくるぐらいです。しゃべらなくてもかわいいものです。突かれなければね(笑)。

うどん屋の小噺 滋賀県高島市|うどんの花里

うどん屋

何でございます。うどん屋に入ってうどんを頼みますと、かけうどんなど唐辛子を入れたくなりますね。案外、唐辛子が合うもので・・。落語でうどん屋というネタがありますが、唐辛子をいっぱい入れて、唐辛子のお代わりをするなんてね。そら食べたら辛いですわ。うわーっ、から~っ、口の中が火事や。な~んてね。

昔は竹の筒に入っていましたが、今は瓶に入っています。このふたをとるとき、蓋を回しますか。普通そうですかね。私は瓶のほうを回すのが癖になっていまして(笑)。

滋賀県高島市|うどんの花里 うどん早食い競争

うどん早食い競争の小噺 滋賀県高島市【うどんの花里】

これは小噺fでごあいます。決して、実話ではありません。滋賀県高島市のうどんの花里にてうどん早食い競争が行われたという設定で小噺を作りました。テレビでも、早食い競争が行われているのを見て、よく、あれだけ食べれるものだなぁとびっくりします。あまり水を飲まない方がいいとか、体をゆするとかして、少しでも食べようと試みるわけですね。お腹が痛くならないのでしょうか。

 

うどん早食い競争 落語編

うどんの早食い競争を落語で作ってみました。うどんは食べやすいと思うのですが、ずるずるとすすっていると、鼻から出てしまったりします。それを下へ落としては失格と、鼻から出たうどんを、また、口へ入れようとします。時には、本物の鼻水が二本・・・。

 

うどん早食い競争 歌編

うたでは、鼻水だけでなく、くしゃみをして入れ歯を飛ばし、それを見ていた猫が・・・。

まあ、結論といたしましては早食い競争はするもんじゃないと・・。

便利な携帯電話

何でもできる携帯電話

もう今や、携帯電話は誰でも持っている時代ですね。ずいぶん普及したもんです。メールはできるし、GPSがついていて位置がわかります。テレビもついていますし、カメラの機能もついていますね。

ワンセグではテレビの受信料を払わなければならないとか・・・。これから、どうなるんでしょうね。でも、高島市なんかだったら、はっきり映りませんヨ。映らないのに受信料を取られるとなるとサギみたいに思うのですが、どうでしょう。ワンセグの機能がついているだけで受診料を払わなければならないようですね。

GPS機能では、警察なんかに電話したら、すぐにGPSで位置がわかってしまいますね。まあ、悪いことしてなんだらいいんですが(笑)。ナビ機能がついていると車に乗って運転していても教えてくれますよ。

 

さて、これからの機能は

みんなが持っているぐらい普及して、いろいろな機能もついています。今後は、どんな機能がつくでしょうね。

 

 

ヘッドライトの消し忘れにご注意

ヘッドライトの消し忘れの時になる音

この頃はアナログからデジタルになり、テレビもデジタルテレビですからね。電話の着信音もデジタル音ですね。黒電話のジリリリリーンという音が懐かしいなぁ

目覚まし時計でセットした時間が過ぎてもなったかどうかわからなかったりするのですが、デジタル音に変わってから聞こえにくくなった方もおられるのではないでしょうか。歳いきますと耳が遠くなり、目も見えにくくなったりします。

車でヘッドライトの消し忘れのままでドアを開けて出ようとすると、ぷーっと音が鳴ります。この音が私には聞こえません。高音難聴なので、アナログはまだしも、デジタルオンは聞こえにくいのです。ヘッドライトの消し忘れのとき、音でなくわかるようにするには、バイブレーターですね(笑)。これなら、見てわかりますよね。おっ、車が揺れている。ヘッドライトの消し忘れやと、すぐわかりますからね。

うどんの注文の小噺

滋賀県高島市のうどんの花里 うどんの注文

何でございます。うどんの注文をされて、時々間違うことがあるんです。全く申し訳ありませんのですが、やってしまったときは冷や汗たらりでございます。かけうどんをカレーうどんと聞き間違えてしまったことがありまして、どんならん、うどん屋でござります。もちろん失敗しょうと思ってはいないのですが…間違うわけです。

みかねて、お客さんが間違わないようにと、私に注文表を作ってくれたんです。お客様は神様です。

注文されてからうどんを茹でる

うどんの作り置きは美味しくありませんので、注文されてから茹でています。ですから、どうしても茹で時間は待ってもらっています。お茶はセルフで、各自入れていただいておりますが、もちろん、すいているときは入れます。

 

うどんの注文 小噺

お客さんが冷やしうどんを頼まれ、冷たいのんにしましょうか、温かいのんにしましょうかと聞く場面で変わったうどん屋だとわかると思います。注文したお客さんは隣の人とも知らず注文を聞き、最後はカレーうどん一丁と、ハチャメチャなうどん屋でごあいます。うどんの花里が、このようにならないことを願わずにはいられません(笑)。まあ、遊びに来てください。

利き酒大会 うどんの花里小噺

うどんの花里で利き酒大会があったなら

 

これは小噺でごんざります。うどんの花里は、お酒は置いていません。ビールのみです。まあ、このうどんの花里であったらどうなるかということなのであります。

利き酒大会

お酒の好きな方はいいんですが、あまり、飲めない方が利き酒大会の審査員になって、どのお酒が旨いかを決めるというのは、ちょっと無茶なのかもわかりませんね。

大学で果実酒の研究をしている方、焼酎を研究している方、もう一人は料理酒の研究をされている方が審査員で、日頃、飲まない方々でお酒のどれが旨いか決定するわけであります。

お話では、お酒をコップで5杯飲むのですが、一杯目は北海道の函館のお酒、2杯目は米どころ新潟のお酒、3倍目は富山の立山のお酒、4敗目は島根県は隠岐のお酒、最後が熊本のお酒です。だんだんと審査員が酔ってきまして、歌を歌うという始末。まあ、止められますが(笑)。

最後の熊本のお酒になりますと審査員の3人が酔うて順番に寝てしまうという。困ったのは司会者です。結果発表は後日ということで納めてしまいました。

うどん公社

うどん公社

落語でぜんざい公社というのがありますが、その落語をうどんに変えただけでございます。香川なんか行きますと役所の食堂にうどん屋があるとか?まあ、ぜんざい公社より現実味があるのでは(笑)。

 

 

うどんを作るにあたって

香川県で昭和40年代に足踏み禁止令が出たそうで、足で踏むなんて汚いじゃあ~ありませんかっちゅうことで機械化を進めようとしたのでございましょうね。定かではございませんが(笑)・・。

こんなお触れが保健所から出るんですから、役所でうどん公社が出来るとなると、そりゃあ足踏み禁止ですよ!ものすごい大きなたらいに小麦粉と塩水入れて混ぜますわね。それから、本当は足踏みするんですけど、禁止ですからね。10本の腕で押し合いへし合いまぜこぜするんでしょうか・・・。腕が10本って・・。5人がかりで、一生懸命手でこねるんですね。もちろん、手袋して、作業服で、口にはマスク、頭には鉄兜、大変ですわ。市長、残業代よろしく。な~んちゃって。

作る前はミーティング、終わった後は反省会。会議だらけで、資料かきに追われるといううどん打ちですね。

うどんを食べるにあたって

そら、すぐには食べれませんよ。住民かどうか、チェック。今やマイナンバーですね。どこそこの誰、職業、年齢、家族、資産(笑)、すべて明らかになって食す権利を与えられる仕組みです。

その後、身体検査、検便、検尿、内科検診からレントゲン、これで体の異常がないのがわかると、公衆衛生ですね。手洗いをして清潔に保ち、消防で火災の時の訓練(笑)。・・・そら~ぁ、火を使いますからね。

お金はというと前払いです。銀行の窓口で、どれを食べるか言ってうどん代を払います。このとき、すかさず、募金しませんかと・・。福島原発、熊本地震、台風被害、殺処分の犬を助けましょうと待ち構えています。うどん代より、募金の方が高かったり(笑)。

 

うどんを食べた後には

ここまでしてうどんを食べたのですから、そのままでは帰らしてくれません。帰ろうとするとお待ちください。市長から賞状の授与式がございます。国歌斉唱、役所の人全員集めて、その前で市長から賞状を手渡されるという儀式に参列。胸にうどんを食して市民の見本ということでバッジを進呈。一日棒に振るという始末。どうです。募金してうどん食べませんか(笑)。