セキセイインコを飼ってみて

セキセイインコを飼ってみて

セキセイインコを飼ったのが1年と4ヶ月前で寒くなる12月に雛を1羽迎えました。飼った理由は単純で手乗りの小鳥と遊べたらいいなぁと思ったからです。文鳥かセキセイインコかを考えました。コザクラ、オカメインコも考えましたが、セキセイインコにしました。なにを買うにしても小鳥は大きくなって、成長していくことで悩みを大きくしていくこととなりました(笑)。

 

雛の時期は大きくなるにつれ楽しみが

雛にさし餌をあげて、食べてくれるのが楽しく、あっという間に飛ぶことを覚えました。飛んで私の肩の上に乗ったり、手の平やひざに乗ったりしてくれるとホッとします。なついてくると逆に、これでいいのかなと思ってきます。朝夕は放鳥出来ますが、昼は仕事でかまってやれません。小鳥は籠の中に入って一羽で時間を過ごすのかと・・・。セキセイインコが大きくなると雛の時期の時間とは違った感覚を覚えました。

 

大きくなると悩みが

セキセイインコが3ヶ月ぐらいになると、自由に飛び回り、完全に鳥です(笑)・・。私は人間です。いろいろと人間は考えるものです。小鳥になったかのように小鳥の気持ちを考えだすのです。本来の仲間がいいのだろうなぁ・・・。小鳥がいいのだろうなぁ・・。相棒がほしいのだろうなぁと思ってしまいます。セキセイインコが8か月になったころ、一羽では寂しいだろうと二羽目の雛を迎えました。

これで仲良くしてくれて、私の仕事の時は2羽で遊んでくれるだろうと・・。ところが、毎日先住のセキセイインコが雛に当たりっぱなし。一緒に遊ぶどころか、喧嘩をして雛を追っ払おうとします。私が雛をかわいがると怒るようです。一羽ずつ、鳥かごは別にしないと殺し合いになりかねない。雛を買ったのが間違いか、8ヶ月差の先住と雛の体格がそうさせるのか・・。雛も、今では8か月になり体重も35gになりました。この雛だったセキセイインコが先住の大きいセキセイインコに喧嘩を売るようになりました(笑)。でも負けていますが、ほぼ対等です。時々一緒に遊んだりもしますが、殺し合いになるにはいきませんが喧嘩もします。一緒の鳥籠に偶然入ったのですが、その時、羽が手のようになって取っ組み合いのけんかが繰り広げられ、びっくりして引き離しました。まあ、悩みは尽きません。でも、いつかは仲良くなるのではと楽観視しています(笑)。

セキセイインコ

 

性別がわかり始めた?

先住の鳥は1歳4ヶ月ぐらいになりました。ロウ膜は茶色です。遊んでいると私の前で体を後ろにして尾をあげます。これが「しゃちほこ」かと感じました。メスだなぁ・・・。卵詰まりが頭に浮かび、カルシュウムを取らそうと塩土やカットルボーンを買いました。先に病気のほうを思い浮かべ、ならないように考えてしまいます。もう一羽は8ヶ月ぐらいで、これはオスかな?と思ってしまいます。このごろ吐き戻しをするのです。ロウ膜は、はっきりとした青色ではありませんがそのうち青くなるのかなと思います。

1歳4ヶ月のメスと8ヶ月のオスだと思います。まだ自信はありませんが・・・。まったく喧嘩は治まらず、ペアには程遠いのかな・・。もし、これがペアになると・・・。雛が生まれたら大変ですだ。鳥かごは増えるし、世話も大変。産まれたら里親探しに奔走しなければ(笑)、悩みは尽きません。

セキセイインコ

 

餌にも敏感に

私は添加物が気になり、なるべく添加物の少ないものを選択して食事をします。小鳥も餌に注意をしだしてきました。エサも色々あってどれがいいか悩みます。今までに3回ぐらい変えています。この頃は黒瀬ペットフードのマニアシリーズをあげています。セキセイインコも好きなようで、放鳥して餌をあげると鳥かごへ自分から入ることが多くなりました。野菜は豆苗が好きで、今は春なのでハコベがなっているので、それを積んであげています。

 

生活にメリハリを

私にとって生活習慣がつくのはありがたいです。朝、鳥かごの掃除をして放鳥し、夕方にも掃除をして放鳥します。生き物がいるお蔭で自分自身も生活に張りが出来ます。ボーとして暮らすより、生き物を飼って暮らすことに楽しさを感じます。夜は暗くすることで私も早く寝ます(笑)。セキセイインコを飼ってよかったと思うことの一つです。