セキセイインコ1羽飼いか 複数飼いか

セキセイインコ1羽飼いか それとも2羽飼うか

1年前にセキセイインコを1羽飼いました。雛の時から餌をやって手乗りになってなついていますが、昼間は誰もいないところに飼っているので寂しいのではないのかと思ってしまいました。ネットで1羽飼いは外国ではダメだとか、寂しいとか、自然の中では集団で行動しているとかみてしまって、これは、もう一羽買う方がいいかなと考えました。これがドツボの始まりか(笑)。

 

人間が思うほど寂しくないのかも

確かに一羽部屋にポツンといるより人か鳥がいる方がいいのかもしれないけれど、先住の鳥が8か月になり、二羽目は雛を買ってしまいました。雛に餌をやっていると先住の鳥が嘴で突きだし、最初は挨拶かなと思ったりしましたが、いじめですね(笑)。相性の問題なのか、以来ずっと喧嘩をしています。小さい方がやられてしまいます。同じくらいの大きさの鳥を選んだらよかったのかもわかりませんが、とにかく喧嘩をしまくります。もちろん鳥籠は別々で、放鳥も別々にしました。一羽飼いでもよかったような気がします。人間が思うほど寂しくはないのかもわかりません。喧嘩ばかりするんだったら複数飼いにしなければよかったと後悔していますが、でも、二羽飼ってしまいました。これから、この二羽で生活しなければなりません(笑)。

先住の鳥「ブル」若いときの写真です。名前の由来は来た時ブルブル震えていたから・・・。今は1歳1か月。老膜は茶色に変わっています。

二羽目の「コン」写真は1ヶ月半ぐらいの時、今は4か月。名前の由来は来た時、震えもせずに根性あるのでコンに・・・。

 

8ヶ月の差があっても体重は1g差に

先住鳥と二番目の鳥と8か月の差があるのですが、今では、後から飼った鳥も4ヶ月ぐらい経ちました。二羽の体重を計ると35gと34gで1gの差しかなくなりました。いまだに先住鳥のほうが強いのですが、小さい方もやり返すようにもなりました。一度誤って小さい鳥が先住のいる鳥籠に入ると、大げんかになり、羽が手であるかのように取っ組み合いの喧嘩になりました。急いで二羽を離して、もう死ぬかと思うような喧嘩でした。まあ、絶対別々の鳥籠でないとダメですね。私の仕事は鳥かご掃除、餌やりと2倍になりました(笑)。二羽目を迎えるのは慎重にすべきですね。

 

性別は・・・

先住鳥は1歳を超えたので、ろう膜は茶色になりメスと思います。卵を産めば、はっきりわかりますが、まだ産まれていません。小さい方の鳥は4ヶ月になり、ろう膜の色は、はっきりしませんがオスかなと思っています。今は一緒に放鳥していますがメスが仕切っていて、喧嘩をします。それでもオスのほうもやり返したりしています。体重は同じぐらいになりましたから、いつまでも小さいままではないようです。いつかは仲良くなってくれることを願っています。もし子どもが出来たら、また悩みも増えますが仲良くしてほしいと思っています。

 

嫉妬もあるのか

先住のメスは手乗りから飼っているので私になついています。また、後から飼った4か月の子も雛からなのでなついていましたが、この頃分かったのが小さい方は私に寄り付かなくなりました。時々肩や手に乗りに来ると、すぐに先住の大きい方が飛んできて追っ払います。なんか嫉妬なんかな?と思うようになりました。二羽が仲良くしてくれればいいのですが難しそうです。これからも、放鳥は一緒にするので、少しずつ仲良くなればいいなぁと・・・。

 

結論は

私からすれば二羽飼うことを選択しました。もう、これから二羽でやっていくしかありません。喧嘩しながらも一緒にいる時もあります。お互いに気にはしていると思うので、これから変わることを期待しています。一羽飼いがよかったかどうかもわかりませんね。まあ、二羽が思う存分生きてくれればいいかと考えています。