車中泊のために床づくり

車中泊のために床づくり

車はエブリイバンのジョインです。購入して1年ぐらいは後部座席と前の席を倒して寝ていましたが凸凹なのが気になり、1年でダウン。床を作って寝ようと考えました。

 

何から始めたらいいやら

こんなこと好きやけど下手。電気道具は怖いのでもっぱら手で切るのこぎりを使用。どうしたらいいのか参考にネットで見てみましたが、皆さんお上手お上手。私には無理でごんざりますよ。結局、自分で考えるしかおまへん。とにかく平坦にしないと意味がない。ペットボトルに水を半分入れて水平かどうかを見ることにしました。

安く仕上げるためには1×4の木材使用し、2×4は、強いのですが幅があり、狭く感じるのでやめました。後、床以外に棚も作らないと釣り道具が置けないので、棚づくりも必須ですだ。車の両側に棚をつけている方の動画を見ましたが私には難しいと判断、やんぺこちゃん。やはり後部に棚を付けようと・・・。そうなると寝る時は足を延ばすので下の段は考えて作らないと、またバッテリーのところは開けれるようにし、時には4人乗りにもなるようにしたいと思いました。後部座席を倒してみると水平を保つには、最低12cmぐらい後ろ側を高くする必要がありました。

 

床づくり

棚は後から作ることにして床から作り始めました。床がブレーキをかけたりしたとき、前へ動かないようにするには、ある程度、車幅に沿って作りました。皆さんは上手に車幅通りに切られていました。私の場合は適当です。床の板は長さ180cm、幅が90cmぐらいのを2枚用意しました。

床づくり

もしもバッテリーが上がった場合などを想定してバッテリーのところは開けれるようにしました。

後部座席のところを倒して収納し、その上に板をのせました。これが間違いで私がのると2cmぐらいへ込むのを計算に入れていませんでした。完成して寝た時、なんか頭が下がると思ったら水平になっていなかったのです。丁度1×4の板が厚さ2㎝だったので、その板をかましました。

棚は三段で、一番下は足を延ばせるように横棒をしませんでした。

この棚の下にクーラーボックス、12リッターの水入れ、バッカンを収納し、寝る時は2段目に置き換えます。小物は床下や天井に網をつけて一応落ちないようにして入れれるようにしました。一応、ハイルーフです。

床板はくつろいだ時、とげが刺さったり、板が固いので百均のマットを敷いています。

棚について

棚は固定しないと、ブレーキをかけた場合、前へ倒れてくるので危険です。私の場合、車に穴を開けたり加工したりはできませんので、後部座席の上の両手すりに四角い棒をかけて固定し、そこから棚に板をつなげて倒れないようにしています。手すりにかけた横棒が柱のようなものです(笑)。

棚の真ん中の段は大きな荷物も載せることがあるのでとれるようにしました。これで荷物や寝る場所の確保は何とかなりました。まあ、寝れて荷物が載せられれば良しとしましょう(笑)。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です